お笑い

R-1グランプリ2020決勝の結果&感想 見るべきネタをピックアップしました!打ち上げ動画もあるよ

ピン芸人のナンバーワンを決めるR1ぐらんぷりが今年も開催されます。

今年はお客さんがいない無観客状態で決勝戦が行われる初めての事態。

芸人さんもやりにくいかもしれませんが、精一杯頑張って欲しいですね。

このページの最後にはR1ぐらんぷり2020の打ち上げお疲れ様会の動画も載せておきますのでご覧ください。

ここからはR1グランプリ2020の結果と感想を書いていきます!

R1グランプリ2020予選ラウンドの結果&感想

R1グランプリは予選ラウンドとしてAブロック、Bブロック、Cブロックの3つに分かれてネタを競い合います。

それぞれのブロックで勝ち抜いた3名が決勝戦を戦い優勝を争うという構造です。

ここから予選ラウンドのネタについて簡単に評価していきますね。

Aブロック

メルヘン須長

メルヘン須長は科捜研の女の沢口靖子のモノマネで有名になったホリプロ所属のピン芸人です。

今回のネタも沢口靖子になりきり芸でした。

内容はSNSのあるあるを科捜研っぽくどんどん分析していくって感じで面白かったです。

Twitterやってる人ならわかるわーって思うと思います。

ただ、SNS知らない人には全く刺さらないと思うので、決勝でやるには中々シビアな結果になりそうですね。

守谷日和

守谷日和は大阪NSC26期生で吉本興業大阪本部所属のピン芸人です。

ネタは警察での取り調べの設定で落語調で受け答えする内容。

守谷さんの答え方が古典落語をモチーフにしているのでくすっとした笑いを誘う芸になってましたね。

ホントの落語を聞きたくなりました。

爆笑を誘うネタではないのでショーレースには向かないかな~という印象でした。

自分的には結構面白かったですけどね。

SAKURAI

SAKURAIはソニー・ミュージックアーティスツ所属のピン芸人です。

脱力系ロッカーとして色んなトリビアをロック調の歌にのせて歌い上げるリズムネタでした。

審査員の久本雅美は面白いと評価していましたが、ウチではあまり刺さらず。

観客がいてもあまり笑い声が聞こえなかったかもしれません。

マヂカルラブリー 野田クリスタル

野田クリスタルは吉本興業東京本社所属のお笑いコンビ「マヂカルラブリー」の一人で、二年前のM-1ぐらんぷりでえみちゃんにぼろくそにこき下ろされたことで有名になりましたね笑

ネタとしてはネットで見つけたゲームで遊ぶ内容。

ネタバレになるので詳しくは言えないですが、30代40代のゲームやってた人にはめちゃめちゃ刺さるネタだと思います。

実際自分は爆笑しました^^

Aブロック通過者はマヂカルラブリー 野田クリスタル

Aブロックの通過者は「マヂカルラブリー 野田クリスタル」でした。

4人のネタを見ましたがこれは予想通りですね。

お茶の間投票、Twitter投票、審査員投票すべて最多得票の15ポイントで予選通過です。

Bブロック

ルシファー吉岡

ルシファー吉岡はマセキ芸能社所属のピン芸人です。

ネタは「限りなく透明に近いピンク」がテーマということでちょい下ネタでした。

スーパーの休憩時間に起こりそうな飲みかけの缶コーヒーをネタにしたものですが、女性受けは悪そうだなと思いました。

実際ウチでは評価低かったです。

自分は苦笑って感じでしたね。

下ネタ苦手な人はちょっと気持ち悪いかもしれません^^;

ななまがり 森下

森下は吉本興業東京本部所属のお笑いコンビ「ななまがり」の一人。

上半身裸で色々なネタを繰り広げる内容で、乳首でイライラ棒みたいなこともしてました。

パーパー ほしのディスコ

ほしのディスコはマセキ芸能社所属の男女お笑いコンビ「パーパー」の男性の方です。

 

すゑひろがりず 南條

南條は吉本興業所属のお笑いコンビで大阪NSC28期生です。

先日のM-1ぐらんぷりでは独特の漫才を披露し、ファイナルラウンドには残れませんでしたが大きな爪痕を残しました。

 

Bブロック通過者はすゑひろがりず 南條

Bブロック通過者はすゑひろがりず 南條でした。
Bブロックは激戦で、3人が同点に並ぶ結果に。

お茶の間とTwitterの得票が多かった「すゑひろがりず 南條」が通過することになりました。

Cブロック

ヒューマン中村

ヒューマン中村は吉本興業大阪本部所属のピン芸人です。

 

おいでやす 小田

おいでやす小田はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属でNSC大阪校23期生です。

 

ワタリ119

ワタリ119は‎ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ「キラキラ関係」の男性の方です。

掛け声「レスキュー!」でおなじみですね。

持ち時間を使って119枚の紙めくり芸をするというネタでした。

前にテレビで見た時より面白くなってました。
あまり噛んでいませんでしたし。

関根さんからの評価が高かったですね。

敗者復活は大谷健太

R-1ぐらんぷり2020の敗者復活は「R-1ぐらんぷり2020 復活ステージ」」として決勝戦前の3月8日14時30分からLINE LIVEで配信していました。

結果発表はR1グランプリの本番中に行われ、R1グランプリ2020は敗者復活者は大谷健太でした。

大谷健太のネタはめくり芸でワタリ119と被りますが、めくって出てきた絵の内容を早口で言うネタ。

個人的には何言ってるかわからない部分が多かったので刺さりませんでした。

次に出てくるネタも想像できてしまったので。

絵の中身はバカリズムさんのネタに似てるところもあるので、好きな人は好きだと思いますね。

Cブロック通過者は大谷健太

お茶の間投票とTwitter投票はワタリ119推しでしたが、審査員投票で票を伸ばした大谷健太が決勝進出しました。

M-1グランプリでも思いましたが、やはりお茶の間と審査員の評価は分かれますね。

ワタリ119は尺を残してしまったのがマイナス評価になってしまったかもしれません。

R1グランプリ2020決勝ラウンドの結果&感想

熾烈な予選ラウンドを勝ち上がったのは以下の3人。

  • Aラウンド勝者:マヂカルラブリー野田クリスタル
  • Bラウンド勝者:すゑひろがりず南條
  • Cラウンド勝者:大谷健太

決勝ラウンドの感想をそれぞれ簡単にしていきます!

マヂカルラブリー野田クリスタル

ネタはモンストに引っ掛けたストッキング破りゲーム。

予選ラウンドと同じようなゲームかと思いきや、今回はパズルゲーム調で来た。

時間制限アリの壁崩しゲームか。

壁じゃなくて女性のストッキングの面積をどんどん減らしていくが、途中ストッキングが復活したり、女性が反撃してきたりするのが面白い。

でもこれってお笑いのネタなんだろうか笑

面白いけど少しもやもや。

予選の方が面白かったと思うが、たぶん優勝しそうな気がした。

すゑひろがりず南條

ベストテン10をもじったランキングをもってきて、歌の歌詞を今風から昔風に言い換えるネタ。

嫌いではないが、昔風の言いかえが言い方だけで笑わせようとしている部分が気になった。

面白い部分はあるけど野田の方が面白かったかな。

大谷健太

予選と同じく早口ネタ。

個人的に刺さらないので評価が厳しめですが、予選よりは面白かったかもしれない。

R1グランプリ2020で見るべきネタはコレ!

R1ぐらんぷり2020で見るべきネタを2つあげます。

マヂカルラブリー野田予選ラウンド「ももてつ」

これは爆笑しました!

初めは桃太郎電鉄かと思った「ももてつ」が実は「太ももが鉄のように固い」という始まりがもう面白かった。

よくそんなこと思いつくな、って感じ。

ももが何でも弾き返せるという設定の横スクロール系のアクションゲームで、難易度は魔界村のstage1くらいかな。

ちょっとやってみたいゲームでした。

守谷日和の取り調べネタ

次に見てもらいたいのは同じくAブロックの守谷のネタです。

Aブロックの中ではお茶の間人気は低かったですが、今年のR1ぐらんぷりのネタ全体の中で一番洗練されていたんじゃないかと思っています。

このネタは劇場で見たいネタですね。

恐らくお笑いライブを見に来たのか、落語の寄席を見に来たのかわからなくなりそう。

是非一度見てみてください!

R1グランプリ2020の全体的な感想

2020年のR-1グランプリは無観客で開催されることもあって、例年とは違った雰囲気になっていますね。

Twitterでの反応も合わせてみていきましょう。

無観客の舞台について

お客さんがいないので反応が見られずやりにくいかと思いましたが、やはりそこはプロですね。

皆さんちゃんと仕上げてきていました。

もちろんお客さんの反応があった方がノッテきてより面白いネタが見られたかもしれませんが、漫才より影響は少なかったかもしれませんね。

メルヘン須長さんもこのようにツイートしていました。

芸人さんはお客さんがほぼいない状況も通常運転なんですね~。

Twitterの反応


優勝した野田クリスタルは昔学校へ行こうに出てたんですね!
みんなよく知ってるな~笑


自分と同じ感想の人いたので載せました笑

全体の感想

全体の感想としては無観客だったのが気にならないくらいレベルが高く楽しませてもらいました。

個人的な意見になっちゃいますが、AとCのブロックが面白くてBはあまり肌に合わないお笑いでしたね。

カメラワークもネタの途中で審査員に向くこともなくしっかりネタを見せてくれたのが良かったです。

M-1とかそういう時があったので、ネタの最中はちゃんと芸人さんをずっと映して欲しい。

守谷日和を応援してたので予選敗退で残念でしたが、ワタリ119が予想外に面白かったので今後が楽しみです。

ワタリについては陣内さんもいい意味で期待を裏切られたと言っていましたね。

最後、番組の尺が余ったらしく出演者のほとんどがしゃべる機会を与えられていてちょっとほっこりした雰囲気になったのは案外アリかもしれません。

M-1では慌ただしく表彰されて終了しちゃうのさみしくないですか?

ネタをやり切った後の芸人さんたちの話を聞けるので面白かったです。

まあそういうリラックスしたときの話を聞くためにR1ぐらんぷり打ち上げ会の配信があるんでしょうけども。

というわけでR1グランプリの打ち上げがYoutubeでこの後22時から配信するので見てみてはいかがでしょうか。

下に置いておきますね!

R-1グランプリ2020決勝の結果&感想 見るべきネタをピックアップしました! まとめ

今年のR1ぐらんぷりもレベルが高かったですね!

優勝はマヂカルラブリーの野田クリスタルでした。

M-1でえみちゃんにボロカスに言われたのが効いたかもしれませんね。

今年のM-1で今度はコンビで優勝できたらドラマチックです。

去年の粗品の逆パターンに期待しましょう!